siwake

書き捨て

遙かなる時空の中で 特別編

内容を多分に含みます。

 

 

前回の続き。

水野十子 遙かなる時空の中で(マンガ版)

特別編を探した話をします。

 

まとまって良いラストだけど物足りなさを感じたまま、Amazonのレビュー見たりしていたのですけど、そこで愛蔵版にはラストの前の特別編が載っているらしいコメントがありました。

 

恋愛についての補足もあると書いてあったので、どうしても読みたい。

 

遙か自体が2010年頃に終わったので、愛蔵版を店頭で買うのは無理。取り寄せも待てない。調べたところ電子版でも載っているので、初の電子版購入を決心した。マンガは紙派なんですけど仕方ない。どうしても見たい。すぐに。

 

電子版 遙かなる時空の中で17巻に特別編が収録されています。

電子版て買ってすぐに読める。便利すぎる。

 

悩んだ結果、楽天の期間限定ポイントの使い道が無かったのを見つけて楽天koboでポイントで購入。スマホで読む事にした。

 

特別編は40ページ。結構長いのも買った理由です。

 

買って良かったです!遙かのラストをもう少し見たい人は絶対読んだ方が良い!単行本になぜ入れてくれなかったのか!

頼久以外が好きなひとは読まなくてもいいと思います。

 

内容はドタバタ7割。恋愛3割。

ドタバタも面白いです。

 

物足りない恋愛部分がきちんと埋められていてモヤモヤが消えました。

あのラストでは唐突で端折りすぎだから。

 

もとの世界に戻るあかね達。頼久と離れたくないあかね。彼の気持ちを確かめたいけど確かめても自分はもとの世界に戻るから意味がない。

頼久はけして引き留めてはくれない。

 

あかねがやっと恋愛している!

彼を思い悩んでる姿が見られる。

単行本だと17分の1しか恋してないので足りないんだよ。

 

ラストを先に見ているので頼久はあかね達と現代に戻るのはわかっているのですが、やはりそれまでの過程もこうして見られると嬉しい。

 

____________

あかねは元の世界に戻る前に、頼久の気持ちを確かめたい。

けど、聞けなくて別れが辛くて眠れない日が続く。

 

人格入れ替わりや若返りのドタバタの中、倒れるあかね。

 

目覚めると頼久がそばにいる。

 

あかねは頼久の中身が天真のままだと思ったまま、話し出す。

頼久さんは私のこと神子としか思ってない。神子じゃない私の事もみてくれないかなとか思ったけど、最近避けられているし。と。

 

それで頼久はあかねに

あかねへの思いを断とうとしていた事。想いを叶える為同じ道を選びたいと告げる。

 

最後あかね達と現代に行くと決めた頼久が、皆が見ているので聞こえないようあかねの耳元に何か囁いたけど、何を言ったかはわからない。想像してという事でしょうか。

____________

 

そもそもあかねの気持ちを頼久は知っていたのか?

 

一度断られたとあかねは言っているが、それは記憶が戻ってあかねへの想いを隠そうと引き気味の頼久に、

頼久さんのそばにいたいんですけど、頼久さんが困るならいいです。

そう言っただけ。

 

これでは頼久が告白だとはわからないのでは?頼久だし。それとも宝珠で伝わってるのか?

キスの時と瀕死の時並みにドキドキしないと伝わらないみたいだし。どっちも頼久は知らない。

逆に頼久以外は皆あかねの気持ちを知っているけど。

 

その後は頼久はあかねを避けていたようなので(想いを断とうとしたから)宝珠を通して気持ちが伝わる事もない。友雅も鈴が鳴らないと言っていた。

 

あかねの想いに気づいていない場合。

→ひとりで想いを絶とうとしていた。

→あかねが頼久を好きだと知る。

→早く想いを伝えていたらあかねの気持ちがわかったし自分も決心がついた。

→あかねも余計な物思いをせずに済んだ。

→愚かだと気づいた。

こんな流れなのかと。あかねが頼久を好きなら想いに応えた方があかねも自分も幸せだから現代に行く決心がついたと。

 

2人とも気持ちを言えないからジメジメグダグダしたけど、やっとはっきりさせてスッキリした。という流れなのかな。天真と勘違いしなかったからそのまま別れたのか?

 

 

もともとあかねの気持ちを知っていた場合。

→神子と八葉だから応えられない。

→家族の元へ帰った方があかねが幸せだから引き留めない。

→避けていたと取られていた事を知る。

→あかねを苦しめていた。

→あかねの想いに応えない事はあかねを悲しませる。愚かだと気づいた。ついていく決心がついた。

 

どっちかなんだろうけど、いまいちわからない。前の方がしっくりくるけど。

後者ならあかねの気持ちを知っていたら我慢できるのだろうか。

 

あかね側から見ると

  • 25歳の大人の男
  • 自分に好意がある様子が無い
  • 最近避けられている

元々主従関係なので気持ちを隠しまくる頼久さんから恋愛的な好意が見えない。

誰にも渡したくないとも言われたが、神子として?それでも強い想いで龍神から呼び戻してくれたから・・もしかしたらくらい。しかもその後避けられるし。

あかね側から読むと頼久さんはあかねにそういう気が無さそう。これは辛い。

天真は知ってるから背中を押すけど、あかねからしたら絶望的に見える。これは言えないわ。

 

 

特別編で耳元に囁いた事→一緒にあかねの世界に行きたい。神子と八葉じゃなくなっても側にいたい?とか?

あかねが泣いて喜ぶような言葉だろうけど、なんだかわからん。

龍神召喚の時の大切な事→あかねを好きだと言う事?

作者の正解の方がステキな言葉なんだろうけど、遙かって肝心なところぼかすよね。

 

本編のラストシーンはあかねも直接言われていなくてもこちらの世界について来たのは自分が好きだからとわかっているのだろうし、お互い気持ちがわかっているので幸せそうでした。

 

特別編を見ると物足りないラストシーンが埋まって良かったです。