siwake

書き捨て

少女漫画ファンタジーは画力の無さが気になりすぎる

最近ファンタジーにはまって色々読み漁った。

 

ひかわきょうこの彼方からでファンタジーにハマり

狼陛下の花嫁

後宮デイズ

ヴァンパイア騎士

コレットは死ぬことにした

天に恋う

邪神の花嫁

暁のヨナ

黎明のアルカナ

 

内容は様々だけど。彼方からを除いて動く人間の描けなさが気になる。下手でも面白ければ良いので気になる漫画はたぶん面白くないからだと思う。

 

ファンタジーなのでたまに戦闘シーンも出る。しかしひかわきょうこの彼方からがアクションシーンがどこで何をしているか完璧にわかるのに対し、どれもこれも平面的で顔のアップばかり綺麗で動く人間が描けていないのに気づく。

 

横か正面の絵ばかりで戦闘シーンが筋道立てられていない。

マンガってこんなんだっけ?

それで少年漫画の戦闘シーンの凄さに今更気づいた。色んな角度から躍動感のある戦いが描かれているものばかり。

 

男性は空間把握能力が高いと言うけど、少年漫画に求められているものとの違いもあるのだろう。少年漫画でも女性漫画家は沢山いて、戦闘シーンヘタ!と思った事も無い。みんなすごい。

少女漫画では顔のアップの美しさが求められるからそこに偏るのだろう。

 

少女マンガファンタジーでは空中に浮いた戦闘シーンがほとんどない。たぶん描けないからそういう能力者を出さないのだと思う。少年漫画だと簡単に出すけど。

 

少女漫画は顔が美麗が大事なのだ。

しかし恋愛マンガならそれで違和感なく楽しめるが、ファンタジーの戦闘シーンではきつい。

剣を振るいながら棒立ちにしか見えないと緊迫した場面でも読んでいてサーッと冷める。

少年漫画のアシスタントに何年か通えよとか毒づきたくなる。

 

この繰り返しで辟易している。古いマンガの方がこんな事思わなかったような。

最近の新しめファンタジーの方が戦闘シーンド下手くそな気がしてならない。

 

上に挙げた中での感想。彼方から以外で。

天に恋う。アクションシーン最低。ヘタ過ぎ。読んでてムカムカくるレベル。ストーリーまでどんどんつまらなくなる。

後宮デイズ。アクションそんな酷くない。けど内容イマイチ。

ヴァンパイア騎士。アクションシーンヘタ。顔が綺麗なだけじゃ満足できない。ラストもハア?となる。

邪神の花嫁。邪神も花嫁も嫌い。何を言っても心に響かない。先も気にならない。

暁のヨナ。戦闘シーンイマイチ。ギャグが合わない。人気あるから期待したのにとにかく合わない。

コレットは死ぬことにした。コレット可愛いー!画力がどうとかどうでもいい。戦闘ないし。コレットどんどん可愛くなる!

黎明のアルカナ。惜しい!戦闘シーンヘタ!ヒロインは好きだった。ギャグに逃げずに淡々とストーリーが進行するのは好き。

 

結論はコレットが一番ですね。続き見たい。ファンタジー読み漁ったけど売れてるから面白いとは限らないんですね。