siwake

書き捨て

邪神の花嫁 感想 途中まで

内容を含みます。

 

アプリで少しずつ読んでいるので何巻までかわかりません。

異世界ファンタジーRPGのような勇者がいる世界。陽色という女の子の勇者と彼女を手に入れたい邪神のお話。

途中まで読んだ感想。

邪神が変態気味であまり好きになれない。イチャイチャし過ぎ。

陽色もイマイチ。子供っぽい外見に合わない巨乳を強調した服装がバカっぽい。

戦うために胸を強調する必要があるのか?

 

邪神は何か思うところがあるんですよーという雰囲気プンプンで、最後にどんでん返しありを匂わせ過ぎて逆につまらん。

 

陽色も強くなりたいと奮闘する様子を描きたいのだろうと思うが、なんかイライラする。オトコに頼りたくないの!あたしは強い、頑張る!でも泣いちゃうみたいな。その髪型ホントにやめろ。ガキっぽいのに胸を強調して気持ち悪い。

単行本を出すに当たり、少年コミックか少女コミックか迷ったらしいが、話し合いの末少女の方で出したらしい。

作者は少年の方も挑戦したかったらしいが、無理でしょ!

少女マンガでも甘過ぎて多いと思うイチャイチャシーン。

稚拙な戦闘シーン。少年マンガ読む人は戦闘シーンだけ見る人も多い。恋愛部分はスルー。少年マンガとしたらかなり薄いストーリー。

 

少女マンガとしては女性に不評な幼いのに巨乳を強調したヒロイン。女性から見てもあまり魅力のないヒロイン。

 

どちら側から見ても嫌いな所を盛り込んだ気がする。どちらにも媚びて失敗した印象。

 

画力とか最近いくつか読んだひどい少女マンガファンタジーほど酷くない。でもあまり好きになれないなあ。

 

ストーリーの行く末もあまり気にならない。なんか合わないや。何がしたいのかよくわからない。