siwake

書き捨て

ひかわきょうこ お伽もよう綾にしき

彼方からに感動して

ひかわきょうこの別のマンガを読み漁っている。

 

まず彼方からの次の連載の

お伽もよう綾にしきを読んだ。

 

時代もの。

陰陽師みたいに妖怪や物の怪を退治する。

すずと新九郎2人の話。

 

なんかどうもダメでした。

悪くないしひかわさんらしさ溢れているんだけど。

彼方からが凄すぎて。

 

まず2人の関係が安定し過ぎてドキドキしない。彼方からみたいに切迫感がない。

2人は10近い年の差があり、すずは幼少の時にととさま(お父さん)と呼んでいて娘のように懐いていた。

新九郎がどっかに封じられている間に年の差は無くなったけど

すずはたまにととさまと呼ぶのが萎える。

 

そして2人の間に障害が無くすぐに思いを通じ合わせて周囲も歓迎している。なんかつまらないのです。

 

思うに妖怪退治などのアクションが主な話で、恋愛はあまり重要視されていないのではないかと。

 

ひかわきょうこさんは以前インタビューで彼方からもアクションを描きたかったと言ってました。

 

お伽もよう綾にしきはそっちが本題で恋愛はおまけ程度なのかもしれません。

 

彼方からは恋愛とアクションのバランスが良くて少女漫画らしい部分と色んな謎や戦いなどもあって感動でした。

 

とにかく彼方からと比べすぎている自分が悪いのだと思います。

 

おじゃる様はキャラが立っていて良いですが、その分新九郎の存在感が薄くなります。

イザークのような唯一の強烈な存在にならない。

 

すず自身も典子のような非力な存在ではなく、術を使えるしおじゃる様呼べるし守る必要もさほど無い。

 

要約すると全体的に切迫感がない。戦いも恋愛も。

 

あー。彼方からと比べまくっている。ダメだわ。

失礼だわ。

 

比べなくても時代ものが苦手なのもあるかも。

ちょんまげとかどうも。

ヒゲのいかつい武将が頻繁に出るし。

 

お伽もよう綾にしきは

続編のお伽もよう綾にしきふたたびというのが出ています。

そちらではすずと新九郎は夫婦になっています。一巻だけ読みました。

 

最新作の魔法にかかった新学期の方が好きです。現代もので馴染みやすい。

けど2巻で終わるみたい。

シリーズものみたいにまた始まらないかな。

お伽もよう綾にしきふたたびの続きをやるかもという噂もある。コミックスに完結の表記がないから。

 

お伽もようはいいから魔法にかかった新学期の続きがいいなあ。

 

魔法にかかった新学期も恋愛成分が薄いからもう少しあったらな。

少女漫画だし。